スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てぃんさぐぬ花大会

★第2回・はいさい市”島唄うたやびら”コンテスト「てぃんさぐぬ花」大会が

那覇市国際通りの蔡温橋そばにあるさいおんスクエアであります。

このイベントは、値域コミュニティの場としてメディアを通して発信強化事業として

那覇市から認定された事業です。

私は、この事業を任されるまでに3年もの月日がかかりました。

石の上にも3年とはよく言ったものですね。そんな感じで積み上げてきたこのイベント開催を

何故、手掛けたのかと言うと、東日本震災のボランティアで出会った被災者の話を聞いたとき

後悔の言葉が多かったからです。

その言葉は、重くその方々をさらに苦しめられているような気がしてなりませんでした。

友人や家族を失った方々の体験は、すさまじく聞くに堪えることはできに程。

でも、ある時から「何故?」そんな後悔をするようになったのかを考えるようになりました。

そしたら、震災前には「コミニュティーがうまくいってなかった」ことが見えてきました。

コミニュティーがちゃんととレていれば亡くさなくて良かった命があったのではないか?

そう思えてなりませんでした。地域コミニュティーは、大切な情報があります。

顔見知りになるだけでも重要なのです。困ったとき声がかけやすくなりますし、何かあったときに手伝えることも

容易なのです。

震災では、Twitterというコミニュティが多くの命を救ったとニュースで流れていました。

命は、危険が近づいたときに「情報」が救ってくれるのだと思います。

那覇市は、沖縄の県都です。

その中心が国際通り。でも、今その地域にコミニュティーがないのです。

てぃんさぐぬ花大会は、コミニュティのきっかけになればと考え提案しました。

私たちは、4年前からインターネットでメンバーを募り隊服(Tシャツ)を購入することで共通のチームになれる

仲間となれるを合言葉にネットで呼びかけました。

そんな思いでこのイベントを盛り上げようと動画を作成してみました。



多くの参加者が集まり、特に地域のコミニュティのモデルとして来年1月まで毎月月末に行っています。

★9月26日(土)予選 PM3:00-6:30

★27日(日曜) 本選 PM3:00ー6:00

*場所:国際通り牧志駅前広場 http://www.saionsq.jp/access/


スポンサーサイト

母と子のてぃんさぐぬ花

9月4日に呼夢三線広め隊の仲間が関東から遊びに来るということで

月一三線歌会Liveを合同で開催しました。

メンバーのお母さんの誕生日ということもあり皆で

「てぃんさぐぬ花」を歌いお祝いしました

「母と子のてぃんさぐぬ花」



毎月末土日の両日・国際通り蔡温橋通り商店街組合主催のイベントで

島唄うたやびらコンテスト「てぃんさぐぬ花大会」を来年の2月までやります

このイベントは、小中高生の部と一般の部が分かれています

それぞれ最大で10名のエントリーができますので

沢山の皆さんの参加をお持ちしています

詳しくはホームページからご覧下さいませ。

http://akira3580.wix.com/naha-saion

てぃんさぐぬ花は親と子の絆

はいさい!沖縄の魅力をYouTube動画で世界に伝える真栄ちんです!

去った9月4日にうるま市みどり町にある幸文堂2F・ライブハウスKen2で沖縄Loveの皆さんとパーティーを開きました。

いつの時でも笑顔が集まる幸せの瞬間はを仲間たちと月に1回の歌会をやっているのです。今回は、埼玉と東京からゲストが

やってきました。このパーティーは、基本的に「人」=「イチャリバチョーデー(出会えばみな兄弟・姉妹)」という沖縄流のアイディン

ティティから生まれてきているどなたでも参加できる音楽会議です(笑)(参加費¥2000)

おお...これは、参加したいなぁと思う皆さん、お気軽にお問い合わせくださいね。

さて、この日は参加者のゲスト・東京からお見えの奏子ちゃんは、ウチナー出身です。

里帰りも兼ねて埼玉の上村敏ちゃんと参加してくれました。今回は、もう一つ奏子三のお母さん洋子さんの誕生日で

サプライズ・パーティーも合わせて企画してたんですね。

人の幸せを一緒に祝える世の中が一番ですよね。

そんな思いは、やはり沖縄に400年以上前から継承されてきた教訓歌の「てぃんさぐぬ花」の思い。

2年前に大きな舞台で「てぃんさぐぬ花」を皆で演奏し合唱した動画があります。



親が子を思うこの歌は、沖縄のアイディンティティそのものであると思います。上記の動画では沖縄の県民性が

一緒になり「てぃんさぐぬ花」を開かせた舞台になったのではないかなと思いますね。

それから、てぃんさぐぬ花つながりで出会ったメンバーがその想いを沖縄で歌いたいと東日本震災神戸震災そしてその

震災を体験した故郷の新潟中越地震で被災された記憶をもつ上村敏ちゃんが「満月の夕べ」という歌を通して

人とのコミニュティーの大事さを訴えています。その動画も貼り付けておりますのでどうぞご覧ください。



★島唄うたやびらコンテスト「てぃんさぐぬ花」うた遊び大会

9月26日(土曜日)

9月27日(日曜日)

両日とも午後3時より開催します。

URL haisaiichi.com

参加エントリー募集中! 

※申込書のダウンロード・コピーしてお使いください⇒http://ur0.xyz/p6J4

FAX申し込み  090-885-7139

沖縄・てぃんさぐぬ花と占い

面白いものを見つけました

占いです



大阪の占いの友人が沖縄に毎年くるので私の友人が質問しました

何故、沖縄によく来るの?と言う質問

すると、返ってきた答えが

それは、邪気を祓うため、浄化するために毎年来ているという答えでした
沖縄糸満喜屋武岬

占いをするときに多くの邪気が寄ってくるらしくて、年に一度沖縄に来て祓うのだそうです

沖縄は珊瑚礁の上に出来た島です

珊瑚は、宇宙の始まりの元素の集まりのようで浄化パワーがすごいとのこと

昔ながらのお金持ちの家は、珊瑚で家を取り囲む塀などを使っていたのもそういう意味だったんでしょうね
糸満市喜屋武部落内昔の屋敷跡

さて、肝心な「てぃんさぐぬ花」も実は、占いに使われていたようです

花びらの数だけ煎じて爪先にマニュキュアをするように......。

それは、魔除けにもなっていたそうですよ

ということで

歌うことで邪気を祓いましょう!

9月26・27日(土・日曜)の両日第2回目・月次「てぃんさぐぬ花大会」開催します!

詳しくはコチラからご覧下さいませ⇒http://akira3580.wix.com/naha-saion






沖縄・人生を貫く想い

てぃんさぐぬ花歌碑

沖縄には400年以上も前から歌われ続けられているという歌がある

「てぃんさぐぬ花」

親が子を想う教訓歌です

沖縄に生まれていれば知らない人はいないこの歌は

私の幼い頃は、周りが子守唄でよく歌っていたものです

便利な世の中になり色々なレジャーが生まれ世間も変わり果てましたが

人生を貫く想いのこの歌だけは、ズーッと継承されて2012年3月には県民愛唱歌として沖縄県がアンケートをとりけってされました。

ちなみに第2位は、BEGINの「島人の宝」でした。

私が参加している呼夢三線広め隊の三線サークルでは、「てぃんさぐぬ花」を動画でITを使い4年前から発信していました

その活動が認められIT動画で世界へ沖縄の魅力を発信する事業として

県都・那覇市国際通りサイオンスクエアにて蔡温橋通り商店街組合主催でイベントが開催されました

8月より、はいさい市島唄うたやびらコンテスト「てぃんさぐぬ花」大会

毎月、出場者を募集しています。

課題曲は、「てぃんさぐぬ花」そして、自由曲を1曲の2曲を

歌詞2番まで歌っていただき審査員により予選会を行い

本選へとエントリーされます

その模様は、IT動画(YouTube動画)にて世界へ沖縄の魅力文化として9月からはリアルタイムで発信されます

詳しくはこちらからご覧ください⇒http://akira3580.wix.com/naha-saion

沖縄・てぃんさぐぬ花

3年前に決めたイベントがようやくスタートしました

「てぃんさぐぬ花大会」です。このBlogでは、親が子の成功・幸せを想う

沖縄の教訓歌「てぃんさぐぬ花」について綴っておこうと想います。子孫に残す記録として......。

てぃんさぐぬ花とは、和名で「鳳仙花」のことです。

今から400年以上前にどこの誰が作ったのかは知られていません(作者不詳)

でも、親が子守唄のように歌いますから沖縄の子供たちは、この歌が心に染みていつでも口ずさむことができるものです。

この花をたくさん施設の周り植えているケアハウスが沖縄市にあります。

そこでこの写真を撮りました。撮りながら、母を介護する妻のことを想いました。
沖縄てぃんさぐぬ花の原種

この施設でイベントに参加させていただくことになり打ち合わせをしたとき

施設長(70代前半)の貴重な話を聴かせていただきました。

昔の沖縄では、子供たちの遊びの中に爪先にこのてぃんさぐぬ花ビラを酢や塩などで揉んでその汁でマニュキュアのように染めて遊んでいたそうです。

そんな昔をしっている方々が現在集まる施設のイベントに参加させていただきました。介護が必要な方もたくさんいらっしゃいました。

高齢化がすすむこの国の現状で介護施設が足りないとも聞きますが、介護を自力でするというのは我妻の多難さを見て知っていますから施設慰問をするたびにこの問題の大きさを感じたりします。
あるとき介護情報が学べるメルマガを見つけました。さっそく妻に教えました。



それから

私が参加している呼夢三線広め隊の三線サークルでは、「てぃんさぐぬ花」を動画でITを使い4年前から発信していました。

その活動が認められIT動画で世界へ沖縄の魅力を発信する事業として

県都・那覇市国際通りサイオンスクエアにて蔡温橋通り商店街組合主催でイベントが開催されました

8月より、はいさい市島唄うたやびらコンテスト「てぃんさぐぬ花」大会

毎月、出場者を募集しています。

課題曲は、「てぃんさぐぬ花」そして、自由曲を1曲の2曲を

歌詞2番まで歌っていただき審査員により予選会を行い

本選へとエントリーされます

その模様は、IT動画(YouTube動画)にて世界へ沖縄の魅力文化として9月からはリアルタイムで発信されます

詳しくはこちらからご覧ください⇒http://akira3580.wix.com/naha-saion
最新記事
プロフィール

tinsagunuhana

Author:tinsagunuhana
沖縄の魅力やアイディンティティを発信しています!趣味である三線を通したBEGINサークル・コミニュティでイベント作りも行っています。ウエルカム沖縄BEGIN大好きなあなた♪

スポンサードリンク
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサーリンク
検索フォーム
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。